久しぶりの大人数サバゲー、しかもベトナムコスプレという事で、思わず参加してきました。もちろんAK47使いでです。
フィールドは、もはや勝手知ったるといってもいい佐原・エリア51。しかも前日泊からの二日間参加。うーん、なんだか年二回参加している他のイベントとイメージがダブってしまいます。

今回、参加の大きな決め手になったのが、北ベト好きとしては外せないショップ『ベトナム・エクスプレス』さんが参加されると聞いたからです。装備品はともかく、軍服関係は実際に確認しないと怖いんでね。前日一日だけの参加という事で、あまりゆっくりしているわけにもいかないので、無理繰り荷物をまとめて向かいました。

会場に着いてみると車の台数も少なく、駐車&テント準備は問題なく終りましたが、受付がちょっとわかりづらかったのはご愛嬌(笑)

     
  ●テント村
     

そうして、すぐさまショップへ突撃。店名が表記されていなかったのですが、一目でわかりました。店員さんがベトナム衣装着てましたから。もちろん男です(笑)
そこで、お目当てだったブッシュハットと、友人に頼まれていたベトコンスカーフを無事購入。価格も大特価で満足です。
(この後、お店の人に北ヴェトナム軍の装備について、思いっきり突っ込まれたりもしたのですが・・・・ 苦笑)

     
  ●ベトナムエクスプレスさん

北にとっては最期の砦。イベント価格はありがたいです。
関西にあると思ってましたが、関東だったんですね(笑)
相方さんがポーズです。

     

その後、着替えて夕食の準備。そして宴会突入です。こちらは一人なので、たまたま近くにいたグループに乱入。いろいろ話をしながら楽しく飲んでおりました。と、そこへ現れる数少ない顔見知り。となると、もうわけわからない状況に(笑) でも、とても楽しく酔いつぶれていたのでありました。

翌日。寝る前の時間の記憶が午前2時40分。目が覚めたのは午前6時半。起きられたのも驚きですが、予想以上の二日酔い状態なのに驚き。そんなに飲んでなかったんだけど・・・・缶ビール(350)8本と水割り1杯だけだから(苦笑)

なんてことはおかまいなしに、ゲームの時間はやってきました。
が、そのときに驚愕の事実が発覚。なんと北と南の戦力比がほぼ同数だったのです。なんてこったい!! いままで参加してきたイベントでは初めての快挙です。うーん、楽しみだぞぉ(笑)

     
  ●我が同志の方々

ここはNVAもNLFもゴッチャなので、ホント大人数。

     

ほどなく開会式も終わり、ゲームが始まりました。

内容は、コスプレしたごく普通のサバゲーですから特にいう事も無いのですが、ゲーム単位がヒット総数制というのは初めてでした。まぁ、やられた人数が設定上限まで達するとゲーム終了というのもで、気力と根性があればいつまでも終わらない可能性があるというものです。実際はそんなこた無いんですが(笑)

     
  ●北本陣

見慣れた風景(笑)
でも・・・・

     

南のアメリカ&南越軍とは違い、我らが北側は大雑把な作戦指示はあるものの、後はもう完全に放し飼い状態。個人個人が好き勝手に行動し始めますからたまりません。どこをどう移動しているか把握できていないので、誰にどこから撃たれるのかわからないというスリルとサスペンス。マーカーが無い上に似たような姿なので、某映画でいっていた

『ヘルメットを脱いだら、味方に撃たれるぞ』

という状況を身をもって感じました。ヘルメットではないハット姿では、冗談抜きで区別付きません。事実、私も開始早々味方一人GETしましたからね(苦笑) もちろん、その後には私もしっかり撃たれたんですけど。まさに因果応報(笑)
加えて、撃たれたときに「ヒット」と叫ぶ人よりも、「うわぁっ」といった悲鳴を上げる人が多くて、まさに気分は実戦といった感じで盛り上がります。

加えて、北のリーダーは、何かというと笛を吹きまくるんですから。この笛が鳴ったら、状況のいかんに関わらず突撃という素晴しいものです。状況の打開と判断した時ならまだしも、ただ思いついたときにも吹くんですからね。そりゃぁもう凄いですよ、参加させられる方は。おかげでクタクタ。思わずクセになってしまうほどでした。
実は、楽しくてこういうの大好きなんですよね。(笑)

しかし、一方的に押されるのは相変らずで、必ず我々が先に上限に達してしまうというのは何でなんでしょう・・・・(爆笑) すぐに後の回りこまれてしまい、両側から撃たれまくるんですから堪らない。まさに逃げも隠れもできない事態の連発に、右往左往するばかりでした。負けるの当たり前だね。こんなとこだけ史実なぞらんでもといつも思うんですがねぇ(苦笑)

     
  ●トーチカ化

唯一の重火器で必死の反抗。
でもまわりは壊滅状態(苦笑)

     

そんな中、各地で孤軍奮闘する同志の姿もあって、特に最終決戦のときの迫撃砲部隊の孤軍奮闘ぶりは凄かった。モスカートを使っったハンドメイド品で、その発射音はフィールド全体に響きわたっておりました。
このときは米軍をスルーさせて追撃するという作戦だったのですが・・・・(苦笑)

     
  ●新兵器

発射音は独特で迫力です。
が、効果の程は不明ですが(笑)

     

ともかく、一日中走りまわり撃ちまくったゲームは久しぶりでした。いやぁ、楽しい。何も考えないサバゲーってやっぱり面白いね。
またあったら参加しようかな。

 
 

 

戻 る

inserted by FC2 system